スポンサードリンク

チュニジアのツアーによる空港税や燃油サーチャージ、ビジネスクラスなど税金について!!


渡航先の国によっては、その国の法律によって出入国や乗り継ぎに関して、渡航者に空港税等の支払いが義務付けら、同じチュニジアのツアーであっても、航空便の経由する空港や国、都市の立ち寄り方で合計のツアー金額が異なります。空港税には、出入国税、空港施設使用料、税関審査料などが含まれ、日本の空港税等は、航空券発券時に以下の金額が徴収されます。
☆成田空港国際線出発・・・おとな2,040円、子ども1,020円

☆羽田空港国際線出発・・・おとな2,040円、子ども1,020円

☆関西国際空港国際線出発・・・おとな2,650円、子ども1,330円

燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)は近年の原油の高騰で燃油原価水準の異常な値上がりに伴って、当該燃油費の一部を燃油価格が一定水準に戻るまでの期間、国土交通省に申請して許可されたものである。

そして、チュニジアのツアーでは、都市などめぐりの仕方や航空会社によっても違いますが、空港税等と燃油サーチャージで合計4万円程度、もしくはそれ以上かかると考えておいたほうがよさそうです!

チュニジアの旅行を計画さている方はいろいろと調べて旅行されると良いと思います。

チュニジアのツアーによるビジネスクラスについて、チュニジアへのツアーは、日本から直行便がないため、アジア、中近東、あるいはヨーロッパ圏を経由しての飛行となり、長時間のフライトとなることから、ゆったりとくつろいだシートで空の旅を楽しみたいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。そのような方には、ワンランク上の旅、ビジネスクラスでのフライトをお勧めします。

エコノミークラスと比べると、シートもゆったりとしていて快適で、お食事、お飲み物もメニューが豊富です。ビジネスクラスでワインやシャンパンなどを楽しまれてはいかがでしょうか。

追加料金は、たとえば、大阪からチュニジアの首都チュニスまでカタール航空を利用した場合、途中ドーハで乗り継ぎとなりますが、エコノミークラスでの料金に、プラス往復で320,000円前後の追加となります。

ビジネスクラスでチュニジアのツアーを満喫しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104578784
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。