スポンサードリンク

観光資源に恵まれているチュニジアへ!!チュニジア旅行ツアーについて。


比較的観光資源に恵まれているチュニジアは、現在、産業に力を入れていますが、実際のところは、主にヨーロッパ人やペルシア湾岸の産油国の一部の富裕層は夏の期間に避暑地として利用するに留まり、開発はされてはいないようです。
しかし、日本から観光などの目的でのツアー客も年々増え続けているのが現状です。また、チュニジアでは7つの世界遺産があり、チュニスのメディナ、古都ケロアン、エルジェム円形闘技場、スースのメディナ、ケルクアン遺跡、ドゥッガ遺跡、およびカルタゴ遺跡などをめぐり、「ジュメル砂漠をわたる」といったコースが定番の観光のようです。その他、映画「スターウォーズ」の舞台にもなったベルベル人の住居を見学したり、映画「イングリッシュペイジェント」で知られる白砂漠を訪れるコースもまた、人気の一つです。オアシスの村々であるシュピカ、アルジェリアとの国境の町ミデス、タルメザを訪れるのもとても良いコースでしょう。

チュニジアのツアーには、カタール航空を利用し、関西国際空港からドーハ経由でチュニジアの首都チュニスへ入ると、乗り継ぎもよくとても便利です。出発が関空を深夜なので当日まで仕事がある方にはとても人気のようです。関空発00:25(予定)で、ドーハ経由でチュニス入りするコースです。カタール航空は、機内サービスも充実し、機内食もおいしいと評判の最近、人気の航空会社の一つです。


現在、大手の旅行会社では8日から10日間でチュニジアの世界遺産をくまなく回るツアーコースとして組んでいるところが増えてきています。料金はさまざまですが、食事がついて添乗員さんも同行で、15万円から25万円ほどが一般です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104410423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。